■ 教育方針・教育目標

1 教育方針

調和のとれた人格の完成を目指し、国家社会の有為な形成者となるにふさわしい資質を養い、社会の変化に主体的に対応できる、創造的で、心豊かな人間の育成を期する。

2 指導目標

創 意あらゆる学習活動を通して、知識や技術を身につけ、それを基礎として創意工夫に努め、科学の進歩と産業の発展に役立つ能力を養う。
勤 勉根気強く努力することによって、良い結果が期待できることを体験し、将来は産業人として、自ら進んで働き、その喜びを味わう心を養い育てる。
責 任社会生活の上で、あるいは仕事の上で、自分の責任を自覚し、困難を克服して、これを完全にやり抜く熱意を育てる。
協 調共通の目的達成のため、個性を尊重しながら、全体の中で自分の役割を自覚し、互いに協力する態度を身につける。
温 雅余裕のある心で、豊かな人間性を育てるように心がけ、明るく朗らかに、思いやりの心で人に接するように努める